百合

百合の花言葉 :純粋、無垢、威厳

 

百合とは癒やしであり,幸せのカタチそのものです.

最近では百合のジャンルが市民権を得て,様々な百合コンテンツが普及してきています.

その中でも漫画についてはその傾向が著しいです.

 

したがって,このストレス過多な現代社会において百合に救いを求めるべく,また皆様と分かち合うために,

通信参謀セレクションの百合漫画Top24を紹介します.

(※最近のモノを多めにピックアップする予定です.)

 

 

また、これらの文章については、通信参謀の主観要素がゴリゴリであるため

「それはちがうよ!」と思う方も出てくるかもしれませんがご容赦ください.

 

「共感できる!」と思ってくださった方は是非,問合せで感想を伝えていただくか,PSO2内でグッジョブ等をください.

 

 

 

また,レビューについてはネタバレを含むので,心して読んで下さい.

※ネタバレが嫌な方は冒頭の作品紹介のみ御覧ください.

 

そして,全然関係ない私情ともちょ天の話がでますが気にしないでスルーしてください.

 

 

また、どこかの大隊長みたいな考察はできないので,なるべく平坦で読みやすい文章で皆様に百合を布教できたらと思います.

 麻倉ももさんのブログみたいに改行と空白多めで行くよ~(o・∇・o)

 

 

※本ページでは,紹介の都合上伝わりやすいように漫画のページを引用します.

著作権については,引用の範囲内で済むように配慮いたします.ご理解くださいませ.

 

 

おわりだよ~


22位 まんがの作り方

平尾アウリ

徳間書店

全8巻

皆さんお久しぶりです!

今回紹介するのは,百合漫画界きっての名作!

その名も【まんがの作り方】です!

 

後のランキングで登場予定の【推しが武道館いってくれたら死ぬ】の作者の平尾アウリさんの作品です.なお,画像の著作権はすべて著者の平尾アウリさんが有しています.引用の範囲内で使用しますのでご了承下さい.

 

 

 

ココからネタバレガンガン行くので

  ネタバレ嫌な人は戻ってな!

 

 

 

この漫画はタイトル通り,漫画家の川口さん(表紙右)と現役JK漫画家森下(表紙左,ペンネームさち)が,漫画を書くことに苦労しながら(?)愛情を育んでいく清純派百合漫画です.(来た―!清純派!!)

 

川口さんは若くして漫画家デビューするも,その後は鳴かず飛ばず.

そしてネームに困っているところに舞い降りてきた流行ネタの百合!

そうです,この漫画は漫画の中で百合漫画を書こうとしている川口さんと売れっ子漫画家森下のゆる~い日常漫画なのです!

 

 

 

さて,あらすじを覚えてる範囲で書いていきます.

まず二人の馴れ初めから.

 

 

 

森下は本屋でバイトをしています.

      ↓

そこのセンパイが川口さんでした.

      ↓

   森下,恋に落ちる.

 

 

 

 

至ってシンプル!!

 

いや~僕もこんな感じでかつてバイト先の後輩の女の子に一目惚れしてアタックした記憶があったなぁ…(※通信参謀は男です)

 

そんなことはさておき,森下が恋に落ちると言ってもラノベみたいに目があっただけで恋に落ちてるわけじゃありません!

 

 

本屋でバイトを始めた森下は,ある日,百合漫画が平積みされているのに気づき,川口さんにたずねます.

 

 

 

 

「百合ってなんですか?」(だいたいこんなニュアンス)

 

 

 

 

川口さんは特に気にする様子もなく,森下に読んでみるよう答え何処かへ消えます.

 

結局その百合漫画を森下は購入し,読んで,感化されてしまうのであります!!!!

 

(やった!!!またレズが生まれた!!!!!!!!)

 

 

その日以降,妙にセンパイの川口さんのことを意識してしまう森下.

 

Trysailのセンパイ。っていう曲がほんとにいいです.もちょ天(麻倉ももさんと雨宮天さんの組み合わせ)

のショットがたまらなくいい.

 

 

 

そしてその百合漫画の刺激が森下には強かったらしく(?),次の日からやけに川口さんを意識してしまいます.

 

こういう展開ホント好き

 

 

気がついたら自分が川口さんのことを好きだと認めてしまう森下.

そこで森下が取った行動は,単純明快!

 

 

 

「センパイ!好きです!!」(本当に言ったか定かではないがだいたいこんなニュアンス)

 

 

 

しかし,川口さんは

 

 

 

「私,そういうんじゃないんだ」(たぶんこんなセリフ)

 

 

 

と,森下の告白を断ります.結構冷淡に答えてます川口さん.森下無念.

その後も森下は一途に川口さんのことを想い続けます.けなげな森下.

 

 

 

一方,漫画家の川口さんは,漫画の新連載に向けたネームに困っていました.

 

コレはいけないですね.本業の漫画についてはうまくいかないからとほったらかしにして遊び散らかし,挙句の果てに人のせいにするのがこの漫画だとしょっちゅうなんです.ほんと今の自分と重なります.こんな百合漫画レビューなんてしてる暇ないんですよ.

 

 

 

そして森下に百合漫画を勧めたこともあり,流行に乗れば良いんじゃね?と思った川口さんは,百合漫画を書くことを決意します.

しかし,百合漫画を書こうとするも全く具体的なアイディアが降りて来ません.だってそんな経験はありませんから.

 

 

あれ?じゃあ実際に女の子と付き合ったらいいんじゃね?

 

 

そうです,この下心がきっかけで川口さんは森下の愛を受け入れます.

 

 

さて,ココまで読んでくださった皆様もお気づきでしょうが,この漫画のスタートは非常に残酷です.

だってそうでしょう?本気で好きな人に,『ネタになりそうだから付き合ってあげてもいいよ』って言われてるようなもんですよ?

でも好きな人と一緒にいることができるっていう点ではそういうのもありなのかなとは思いますけど,長い道のりですよね.

 

森下がんばれ!!

しかし森下はいい子!そして健気で無垢!!

 

 

「いいですよ!センパイがその気になってくれるように頑張ります!」

 

(これは絶対に言っていないけどこんな感じの雰囲気)

 

 

みてください、この森下の笑顔を.

天使以外の何物でもないですよね.

 

ほんといい子.

しあわせになって欲しい.

 

こうして森下と川口さんの交際(?)は

スタートしていきます.

 

 

ありそうでなさそうなパターンだと思いました.この時点で僕はこの漫画が,百合豚共を引きつける頭があったかい系百合(けなしてないですよ,そういうのもっとくれ)ではないと思いました.性別の壁,将来などといった部分の描写が作中でも結構大きなkeyになってるんですよね.世間体だったりリアルな部分が.特に『お互い若い今の時期だけしかこの関係ではいられない』と森下が最初から何か悟っていることが描かれているシーンで僕はぐっときてしまいました.一番何も考えてなさそうな森下が一番物事の大事な部分を捉えていて一番現実的でいるっていうのがこの漫画の見どころだと思います.平尾さん流石です.ぐっときます.

 

 

 

 

 

さて,大隊長みたいに読みにくくなってきたところで挿絵を挟んでいきますよ!!!お待ちかねの画像の時間だぁぁああ!!

右上の画像がそのぐっときたシーンです.ほんと良いシーンです.良いですね.こういうのが百合漫画の醍醐味です.

BLにも通ずるのかな?BLは疎いのでわからないのですが,百合はホモって言われてるしきっとそうでしょう.ホモズッキュン!

 

 

 

そして交際がスタートした川口さんと森下.

 

 

ネタがないと漫画をかけない川口さんは森下といろいろ遊びに行こうとします.

 

 

 

 

 

そして川口さんの漫画が進まない!

(この漫画はこれのループです.もうメビウスのループです.)

  

 

 

そしていろいろあって(割愛,買って読んで!)

 

そして森下が人気爆発中の連載掛け持ち漫画家"さち"であることが判明!!

 

川口さんもコレにはビックリ.

 

 

しかも森下は筆が進むスピードが早い!

置いてかれる川口さん.

 

 

ネタがなくなって探し始める川口さん.けどやっぱり見つからないし筆も進まない.

一方で森下(さち)はめっちゃすぐ仕事を終えてしまう.

 

この漫画はこの無限ループです(笑)

 

 

 

そんな感じで二人の交際の日々が穏やかに描かれていきます.

そして二人の愛情が育まれていきます.

詳しい内容についてはぜひ,本を手にとって見て下さい!!

 

 

さて, 話を少し変えて,この漫画に登場する魅力的なキャラクターを紹介しましょう.まずは川口さんの弟の政人.この漫画,男キャラ出ます!!でも全然蚊帳の外なので『おとこがでるならみないや』って人でもご安心を!!

 

この政人がまた不憫で不憫で…

 

 

 

政人くんは森下の同級生で,森下のことが好き.しかしその森下の好きな相手が自分の姉である川口さん.

 

もうやりきれないったら有りゃしない.

 

 

 

 

①いつも川口さんの為に家に遊びに来る森下と一緒に下校する政人.

 (ここまで勝ち組)

 

②家につくなり空気扱いされる政人.(ここから負け組)

 

③以後基本負け組.

 

 

 

 

このやり取りがほんとにシュールでおもしろいです.

たまーに真面目な雰囲気になりますが,政人が報われることは一生ないです(断言).

 

 

そしてなぜかこの漫画は後半からみんな卓球をやりはじめます.

もう卓球しかしてませんこいつら.

 

 

僕も高校のときは体育の時間で卓球に命を燃やしてました.一緒に卓球をしていた澤田くんと野中くんは元気かなぁ.澤田くんは普通に遊ぶんだけど野中くんはいま何やってるんだろう.会って卓球したいですね.

(偽名ですよ!エア友達ではないですよ!実在します!)

 

 

 

そして次に紹介するのがアシスタントの武田さん!

この人がまた曲者で森下と川口さんの間をうまくつなぎ合わせる重要キャラ!

いや、ほんとこの人の登場で川口さんと森下の関係にもいろいろ変化が出るんですよ.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本毒舌です.

 

以上!!

 

 

 

 

 

そして漫画の後半で登場する野村センパイ!

 

ちょっと森下に似てませんか?

いや、ちょっとどころじゃなくてクッソ似てるんです!!

 

性格まで森下のように健気で美しい!!

 

もちろん政人は気になります.

 

 

しかし一生報われない大臣の政人くん,ここでもまた苦難に直面してしまいます.

 

 

ほんとw

 

政人さんw

 

 

 

政人さああああああんwww

 

いやーほんと不憫.

気持ちいいほど不憫.

 

なので男が出てくるんだったら百合じゃねえよ!!!って思っているかもしれないそこのアナタ.

この漫画では男は空気に等しいので安心して下さい.

 

そして最後に紹介するのがまた強烈なキャラクターです.

 

じゃん!

担当編者の人です!吉永さんだっけかな(名前うろ覚えですごめんなさい!)

 

この人も森下狙いです.森下人気!!

 

 

森下は女の人が好きって言うわけではなくて,川口さんが好き.(つまりレズかといったらそういうわけではない)

川口さんもそうです.

 

 

ただこの人は違います.

ガチモンです.

 

なのでもうアタックがすごいったらすごいったら.

圧が凄いです.

 

けっこう面白い人なので,この人の登場でまた漫画が盛り上がります.

 

 

 

以上でざっと登場人物紹介しました!

 

さいごに好きなシーンを載せて総括して締めたいと思います.

 

 

 

======================================================================================================================

 

 

この漫画は全8巻で,短編者が多い百合漫画市場の中では長編作となっています.

なので,長い時間を掛けて育まれていく関係性を見たい!と思っていらっしゃるあなた.おすすめです.

 

また,リアルな百合,素直で真剣な恋を見たい方.おすすめです.

 

エロ漫画のような過激な表現を見たいかた,残念ながらそのようなシーンは在りません.

ヒメゴト,捏造トラップあたりをおすすめします.

 

 

 

 

日常漫画系の雰囲気で,絵もすごくきれいなので読みやすいです.

こういう恋愛してみたいなぁっていう気持ちにもなれます.

ギャグも平尾アウリさん節がきいててシュールでくすっとできます.

僕はこのシュールなシーンがいちばん好きです.

 

 

正直,昨今のような過剰な百合シーンが無いため,最初に読んだときは,百合漫画なのか・・・?と思ってしまいました.

しかし2度3度読むごとに深みが増すというか,漫画で描かれている表現を超えて自分の頭のなかで解釈を進めるうちにものすごい百合だなと,気づかせてくれるような作品です.非常に読み応えがある作品だと僕は思っているので,ぜひ一度読んでみてはどうでしょうか!!おすすめです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル     :清純派百合

百合       :★★★☆☆☆☆ かめばかむほど味が出ます

エロ       :☆☆☆☆☆☆☆ エロくないです,キャラクターのラインはエロいときがあります.

話の重さ     :★★★★☆☆☆ 重くないですが,いろいろ考えさせれます.

男の登場率    :☆☆☆☆☆☆☆ 政人なのでゼロ,川口さんの元カレもでますが一瞬で消えるのでセーフ

癒やし度     :★★★☆☆☆☆ 森下の無邪気な笑顔に癒されます.

ギャグ      :★★★★☆☆☆ シュールです.

絵        :少女漫画系のキャラデザ、かわいい、きれい、読みやすい

読み時      :仕事が進まない時,純粋な愛を見たい時,葛藤している時,何かに打ち込んでいる時

 

 

 

 

 

23位 ひまわりさん

菅野マナミ

メディアファクトリー

既刊7巻(H29 7月現在)

 

 

まず紹介したいのが,この【ひまわりさん】です.

 

 ひまわりさんとは,ジャンルで言えば日常系寄りの漫画であり,基本的にはゆったりとした雰囲気で話が進んでいくのが特徴です.話の内容は,思春期の人夫々が抱えるココロの影や普段人には言えない自分の悩み等をひまわり書房にいるひまわりさんを軸にして諭され,学び,時にはひまわりさん自信が周囲の個性的なキャラクター達に救われて,自分とは何か,好きとは何か,といった事が描かれている漫画です.

 

 主人公である入学したての高校一年生,風祭まつり(かざまつり まつり,画像左のショートカットの子)が学校の真ん前にある古本屋の「ひまわり書房」に駆け込むシーンで幕を開けます.そしてその店主を務めているのが,ひまわり書房で働いているからという理由だけでそう呼ばれている,ひまわりさん(画像右の黒髪ロング)です.漫画【ひまわりさん】とは,この二人を中心に描かれるのどやかな時間が流れる漫画です.

 

 さて,百合漫画と題したからには百合要素があることになるのですが,このひまわりさんは清楚な百合漫画であるといえます.後で述べる捏造トラップのようなディープな百合(※エロ要素)を含むわけではなく,あくまでプラトニックな,爽やかな百合であると感じます.したがって「エロい百合がみたいよ!」という煩悩まみれの人はまた違う百合漫画(後述)をオススメします.

 

 

 それでは早速内容について簡単に触れていこうと思います.--------------------ココからネタバレ含みます!

 

 

 「私はいろんな物語があるから、みんな違っててそれぞれ違う物語があるから、だから本を読むことが好きだ」

  ――――ひまわりさん

 

 「私はひまわりさんが好きだ!」

  ――――風祭まつり

                         (コミックス一巻より抜粋)

 

 二人の関係を表すと,こんな感じです(笑).関係性としては,まつりの愛の矢印が一方的にひまわしりさんに向いている状態でです.このセリフにも有る「好きだ!」というセリフはひまわりさんに対してのまつりの口癖です.本屋の店主で,本が大好きなひまわりさんは一見クールに見えて,結構表情に出やすいタイプのキレイ系の人です.一方まつりは活発で,まるで漫画の主人公かのような(実際には主人公)人柄であり,もともと活字を読むことが苦手(勉強が課題)で活字には触れてこなかったのですが,ひまわりさんと出会うことでその意識が変わっていきます.この様に対照的でもある二人の間の関係を掘り下げていくかたちで描かれて話は進んでいきます.

 

 そして,物語が進むに連れてなぜひまわりさんはひまわり書房に一人で務めているのかといった問や,突然現れたひまわりさんの兄から放たれた「あんな古ぼけた本屋の店主でいる事が君のホントの望みなのか」といったセリフ,ひまわりさんがひまわり書房の店主になる前の店主の存在,まつりとひまわりさんの関係,シスコンのまつりの妹風子(ふうこ),宇宙人ごっこの小学生さくら,図書室荒らしの七瀬さん,等見どころはたくさんあります.

 

 詳しいことはぜひ,ひまわりさんを手にとって呼んでいただければと思います.冒頭でも述べたように、【ひまわりさん】は人の心情の動きを繊細に、美しく描いている漫画です。基本男は出てきませんが、ひまわりさんの兄が男キャラとして登場し、非常に重要な存在となってきます。ひまわりさんの過去とまつりの存在、ひまわりさんのまつりに対して抱く感情の変化を読み解いていくのがこの漫画の醍醐味なのではないかと私は思っています。

 

 

「悔しいと思うのは、諦めていないということだ」

――――ひまわりさん

 

 私はこの漫画のこのセリフが非常に好きです。これはやろうと思ったことがうまく行かず、どんなに頑張っても結局ダメで、挙句の果てに周りにも信じてもらえず悔しがっているまつりに対してひまわりさんがかけた言葉です。私もこの言葉を胸に、ダメなときでも悔しい気持ちがあるのであれば、まだまだ頑張れる!と気持ちを奮い立たせています。

 

 きっと皆さんのココロにも響く言葉が他にもあることでしょう。ぜひ、ひまわりさんを呼んでいただければと思います。

 

 

 

ジャンル     :清純派百合

百合       :★★★★☆☆☆ ほどよい百合です

エロ       :☆☆☆☆☆☆☆ エロくないです

話の重さ     :★★★☆☆☆☆ たまーに影を感じます

男の登場率    :★★☆☆☆☆☆ 主にひまわりさんの兄だからほとんど関係ない

癒やし度     :★★★☆☆☆☆ ひまわりさんのお茶目なところとまつりの無邪気さに癒されます

ギャグ      :★☆☆☆☆☆☆ ギャグ要素は強くないかな

絵        :少女漫画系のキャラデザ、かわいい、きれい、読みやすい

読み時      :救われたい時

 

 

※ここでは肉体関係の強さをエロで表し、百合(考えるな、感じろ)を百合で表す。

(定義は私の主観で行っているので、この定義に不快感を覚える方もいると思いますがご了承ください)